不登校の原因「起立性調節障害」

最近では、不登校で悩む子供が増えています。

その原因として自立神経失調の一種である「起立性調節障害」という症状が話題になっています。

朝になると、立ちくらみや眩暈を起こして起き上がる事も困難で登校することが出来なくなる
朝が辛いといっても親からすると怠けているという程度の認識しか得られず、その事について叱責されてされに自分は怠けているという自己嫌悪に陥ってしまい、欝症状や引きこもりになるという悪循環になっているというケースもあるそうです。

身体不調のことを理解して朝起きられない原因と対策を知ることで、通院が困難でも生活習慣を見直したり、自宅でセルフケアをすることで症状を軽減できます。

朝起きられないことに悩んでいる子供には、セルフケアの一環として睡眠障害を改善するサプリメントでの改善がおすすめです。

サプリについては、『朝起きれない!不登校の原因を解決』というサイトを参考にしてみて下さい。

ダイエットのストレス・悩みを解決

新しく次から次へと登場するダイエット方法。

でも、色んな方法を試してみても「なかなかスリムにならない。」、「一時的には痩せることができても、すぐにリバウンドしてしまう」など、実際にきれいに痩せることは難しく、ダイエットの悩みは尽きないものです。

その理由のほとんどが、ダイエット方法の医学的な背景や実証に乏しいことが挙げられます。

そのため、ダイエット方法は、ある程度の化学的根拠に基づいた方法であることが大事です。
ダイエットは、あくまでも人体を対象として行う取り組みなので、体にとっても安全であることが、スリムになるための近道だと言えるのかもしれません。

体に無理なくダイエットするためには、きちんと毎日の3食を摂ることが大切です。

痩せたいと考える人は、単純に摂取カローリーを制限すれば良いと考えがちですが、無理に食事を抜くというのは絶対に正しい方法ではありません。

通常の1日3食という食生活のリズムを崩すということは、体のリズムもおかしくしてしまうことになります。
1日3食という食事のサイクルは、生体リズムを正しく機能させるために重要なことなのです。

体内には約1日を周期とする体内時計があり、このリズムが神経系、内分泌の代謝を調整して体内の恒常性を保っています。
いつも決まった時間帯に食事をとっていると体はそれを記憶し、その食事時間に合わせて消化酵素などを分泌して消化の準備状態を作ります。

そのため、栄養素を効率よく体内にとり込むことが出来るのです。

逆に、食事を抜いてしまうと体は飢餓感を覚えるので、カロリー燃焼率を下げ、脂肪細胞を溜め込むようになります。

これでは、ダイエットの逆効果になってしまうということは言うまでもありません。

そこで、3食摂りながら摂取カロリーを抑えて痩せる方法として、置き換えダイエットというダイエット方法が考えられました。

この置き換えダイエットは、無理なく痩せることが出来ることから注目を集めており、現在ではダイエットの定番の一つとなっています。

色んなダイエット方法に手を出して失敗を繰り返さないためにも、自分に合った方法でリバウンドしにくい体質を作っていきたいものですね。