交通事故の被害者になり、慰謝料の額に納得できない場合は

不運にも交通事故に遭ってしまい、被害者になった場合は、保険会社から損害賠償金(治療費、慰謝料)を受けることが出来ます。
しかし、支払われる慰謝料が想像していたよりも少なくて、不満に感じる方も少なくありません。

このケースで多いのは、相手側の任意保険会社に後遺症害等級の認定申請を任せる「事前認定」の場合が多いようです。

後遺症害等級認定は、慰謝料を受ける際の基準になるため、適正な慰謝料の額を受けるには、適正な認定を受ける必要があります。

ですが、この「事前認定」は、相手の任意保険会社が全ての手続きを行うため、被害者にプラスの情報が加味されることはありません。

そのため、本来であれば受けることが出来た適正な等級よりも、低い等級で認定されてしまうことがあります。

低い等級を受けた場合は、それだけ獲得できる損害賠償金が少なくなるということになります。

受けた後遺症害等級に不満がある場合は、異議申立をして、再度「被害者請求」で認定申請を行うことが出来ます。

その際は、交通事故を専門に扱う弁護士のアドバイスを受けて手続きをすれば、失敗するリスクは格段に減るはずです。

慰謝料定は、低い基準の「任意保険会社の基準」で算定される

また、示談交渉で慰謝料などの金額を算定する際に、「任意保険会社の基準」で判断されることがあります。

これは、本来あるべきである基準の「裁判所基準(弁護士基準)」よりも、支払われる賠償金の額が低く設定されています。

これらの部分は、正しい賠償金を得る上で非常に重要になるため、十分に理解しておくことをおすすめします。

この辺りは『交通事故被害者請求ネット』と言うサイトで詳しく説明されているのでチェックしてみて下さい。

交通事故の示談交渉や慰謝料などの知識がないと、本当に損をすることになります。
交通事故に遭って、身体的・精神的に負担を受けている上に、賠償金まで低く抑えらたら踏んだり蹴ったりということになってしまいます。

そんなことの無いように、交通事故に遭ったら、正しい知識と豊富な経験を持った法律の専門家である弁護士に相談してみることをおすすめします。