ローン審査に通らない場合の対処法

情報開示とは、本人の申込みにより、JICC・CIC・全銀協に加盟している会員会社との契約内容や支払い状況等の信用情報を確認できる制度です。
金融事故情報が現在、信用情報機関に登録されているか、またどのように登録されているかを確認することができます。

「以前に、貸金業者などで延滞などの金融事故を起こした。」「任意整理や自己破産などの債務整理などを行った。」「クレジットカードでの支払いで払い忘れ・遅延があった。」などの理由で、
ローン審査に通らない、新たにクレジットカードを作れないなどの面で不利な点が出てきます。

また、一度ローン審査に通らなかったからといって、他の金融機関に手当たり次第に申込みをするのは避けましょう。

なぜなら、審査を受けたという事実が個人信用情報機関のデータに残るため、何社も審査に落ちていたという事実もしっかりと残ります。

金融機関は、信用情報機関に問合せ、個人信用情報に問題があるかどうか調べます。

そこで、何度も審査に落ち続けているというデータを確認するれば、当然悪い印象を抱くことになるため、やはり審査に通らないということになります。

審査に通らない人の8割は「個人情報の事故歴」が原因です。

そのため、自分の個人信用情報を開示してみてみることをオススメします。

個人信用情報開示マニュアル』というサイトで、詳しい請求方法などが、紹介されていますので、チェックしてみてはいかがでしょうか?