ヤミ金被害で悩んでいるのなら

借金がかさみ、消費者金融からの借入れだけでは足りなくなったり、総量規制の影響で借りれなくなるなどの理由で、ヤミ金融に手を出す方が増えているようです。

ヤミ金融とは貸金業登録をしていない業者や、登録をしていても出資法で決められた上限金利20%を超える利息で営業する業者のことです。

金融と名乗っていますが、国(財務局)や都道府県に貸金業としての登録許可を得ているわけではなく、名称や連絡先、登録番号など正規の金融業者のものを詐称している場合があるため注意が必要です。

ヤミ金業者は、通常、融資の電話やダイレクトメールなどで勧誘を行ってきます。

そこで、うっかり借りてしまうと法外な金利により、返済しても元金が減らず、遅れると脅迫まがいの請求・取り立てが始まります。

借りている業者がヤミ金かもしれないと思ったら、弁護士や司法書士などの法律の専門家や警察などの公的機関に相談するようにしましょう。

ヤミ金業者も自分たちが違法行為を行っていることを自覚していますが、処罰されることがなければ、悪徳行為を働いてもいいと考えています。

彼らは、相談することは無いだろうという利用者の無知につけ込んで、違法金利での貸付けや不法行為を働いてくるのです。

だからこそ法律の専門家に依頼して撃退することが大切なのです。

そのまま、ヤミ金業者の言いなりになっているようでは、ヤミ金業者が世の中からなくなることはありません。

ヤミ金からお金を借りることを考えれば、法律の専門家にヤミ金被害で困っているので対応して欲しいと相談することは簡単なことだと思います。

あなたの少しの勇気で、ヤミ金の借金問題は解決出来るのです!

「家族がどうなるか覚えておけ」、「職場に電話するぞ!」などの言葉を言われたら、その言葉自体が犯罪で違法なため、ヤミ金問題でお悩みの方は専門家に相談してください。

なお、闇金撃退する前に、事前に知識を得ておくことが大切です。

闇金融(ヤミ金)で借りてしまったら~対策と実態~というサイトですが、色々と勇気づけられる部分もあるかと思うので一読してみてください。